乾燥を防ぐ成分

リン脂質

主たる原料:大豆・胚芽大豆

特徴:水分の吸収・保存に優れ、保湿剤・エモリエント剤として配合されます。
なおリン脂質は、脂質(油分)とリン酸が結合した化合物の総称で、動植物にはごく普通に含まれている成分です。

高級アルコール イソステアリルアルコール、セタノール、ステアリルアルコールなど

主たる原料:哺乳類・柑橘類・鉱物油

特徴:炭素を多く(炭素原子を6個以上)含むアルコールの総称です(少ないものは低級アルコールと呼びます)。
ロウソクなども高級アルコールで出来ています。
炭素が多いほど油と馴染みやすくなるため、皮膚の水分蒸発を防ぐ効果が大きくなります。
なお、以前は石油を原料として生成していたが、近年はマッコウクジラやサメの肝油から精製されるものが多く、一部の高級アルコールは化学合成で作られます。
ちなみに、値段が高いから高級、安いから低級ということではありません。

コレステロール

主たる原料:牛・豚

特徴:コレステロールは哺乳動物に比較的多く含まれる水分と相性の良い成分。
皮膚分泌物にも多く存在します。
皮膚に馴染みやすく刺激性も低いため、エモリエント剤として広く配合されています。

セリン

主たる原料:絹繭

特徴:絹の成分「セリシン」によく含まれるアミノ酸。
アミノ酸の中でも保湿効果が優れています。
ヒトが持つ天然の保湿成分「NMF」(天然保湿因子)の中に最も多く含まれています。
シルクを配合した洗顔料などで見かける成分です。

トリエチルヘキサノイン

主たる原料:化学合成品

特徴:皮膚に水蒸気の透過性がある薄膜を作り、過剰な水分の拡散を防ぐ作用がある成分です。
洗顔石鹸よりもクリームなどによく配合されます。

アボカドエキス

主たる原料:アボカドアボカド

特徴:絹の成分「セリシン」によく含まれるアミノ酸。
アミノ酸の中でも保湿効果が優れています。
ヒトが持つ天然の保湿成分「NMF」(天然保湿因子)の中に最も多く含まれています。
シルクを配合した洗顔料などで見かける成分です。

シアバター(シア脂)

主たる原料:シアーバターの木シアーバター

特徴:アフリカに原生するシアーバターの木の種子から得られる脂肪分。
人間の体温で溶けて液体となるため、各種オイルと同等の保湿効果があります。
また、石鹸の洗浄剤となるステアリン酸・オレイン酸※が主成分となっています(※肌を洗う成分参照)。