洗顔 一覧

洗顔の手順

メイクの濃い場所から順に汚れを落として。

メイクをしている時には、クレンジングと洗顔のダブル洗顔が基本。

手順としては

  1. step1.まずポイントメイクを落とすポイントメイクを落とす

    ウォータープルーフのアイメイクなどは専用のクレンジング剤でやさしくふき取ります。
    目元や口元専用のリムーバーなどは刺激が強すぎるという場合は、オリーブオイルやスクワランオイル(サメの肝臓から抽出したオイル)などを使うのもオススメです。

  2. step2.顔全体のメイクを落とす顔全体のメイクを落とす

    たっぷりのクレンジング剤を使い、TゾーンからUゾーン、目元、口元と丁寧になじませます。
    肌全体になじんだら、すぐに洗い流しましょう。

  3. step3.仕上げに洗顔・保湿仕上げ

    石鹸や洗顔料できめ細かい泡を作り、泡で汚れを包み込むように指の腹でやさしく洗います。
    ぬるま湯で隅々まで洗い流したら、タオルで押さえるようにふき取りましょう。

    化粧水、乳液などでしっかり保湿対策も忘れずに。

正しい洗顔のポイントはこちら

洗顔の準備

毛穴をしっかり開き、きめ細やかな泡を上手に作るのがポイント。

準備

  1. 洗顔前には顔にかかる髪をヘアバンドやタオルなどで落ちてこないようにまとめることが大切。前髪の生え際まで洗えるよう、しっかり額を出すこともポイントです。
  2. 次に、ぬるま湯や蒸しタオルで毛穴を開きます。洗面器にお湯をはり、湯気を顔に当てるのも効果的。朝など時間のないときにはぬるま湯で何度か素洗いをするだけでも肌が温まり、毛穴が開きやすくなります。
  3. 肌に負担をかけない洗顔のためには事前に必ず手を洗い、キレイな泡をたくさん作ることが重要。
  4. 手のひらに石鹸や洗顔料をのせ、優しく空気を含ませながらきめ細かい泡を作ります。目安は軽く角(つの)が立つぐらい、手のひらいっぱいの泡を作りましょう。泡を作るのが苦手な方は、洗顔ネットなどを使うのも良いでしょう。

皮膚科推奨 洗顔の手順は?

洗顔泡、きちんと泡立てていますか?不合格泡・合格泡

編集後記:妊婦さんには必須とされている葉酸って知ってますか?お医者さんがおすすめしてますし、当たり前の栄養素なだけに、あまりテレビのニュースや新聞では目にしませんがとても大切な栄養素なのです。 

洗顔は1日2回

洗いすぎに注意!!正しい洗顔なら朝晩のケアで十分。

肌の脂浮きやベタつきを気にして、一日に何度も洗顔をする方もいます。しかし、洗顔はこまめにした方が肌にいいと思っていたら大きな間違い!! 人間の肌や髪には皮脂腺から分泌される油脂状の成分があり、その脂分が肌や髪を乾燥から守り、潤いを与えているのです。

ますますオイリー肌に

洗顔のしすぎは必要な脂分まで取り去ってしまい、肌を乾燥に導いてしまいます。肌は乾燥すると潤いを保とうと、これまで以上に皮脂を分泌させるようになり、ますますオイリー肌に悩まされるように……。

肌が敏感になっていたり、ひどい乾燥を感じたりしていなければ、朝・晩2回がベスト。

夜は肌に負担をかけないよう、メイクやホコリなどで汚れた肌をまずクレンジングし、その後洗顔料で洗顔するというダブル洗顔がおススメです。

また、夜寝ている間に分泌された脂もそのまま放っておくと酸化し、黒ずみやニキビの元になります。そのため、朝にも洗顔料で正しい洗顔を行なうことが大切です。

洗顔石鹸の準備

洗顔するワケ

肌の汚れを取り除き、スキンケアの下準備を。

私たちの肌は、汗や皮脂を排出して体温調節を行なったり、体内の水分を保持する機能や外部からの異物をシャットアウトする機能があるなど、実に様々な働きを担っています。こうした肌本来の機能を保つために必要なのが、肌の新陳代謝「ターンオーバー」と呼ばれるもの。

私たちの皮膚は常に新しく再生され、すべての肌細胞が新しく生まれ変わる周期は約4~6週間だとされています。この期間に肌は古くなった角質(垢)を適度に落としながら、自らの力でゆっくりと細胞分裂を繰り返し生まれ変わるのです。
しかし、こうした優れた機能を持つ肌にも、ひとつだけ自分ではできないウィークポイントがあります。

それは……

「汚れを取る」

こと。

正しい洗顔

洗顔を怠ったり、誤ったケアが原因で古い角質をうまく落とすことができなくなると、毛穴が詰まってくすみやシミ、にきび跡、肌荒れなどの肌トラブルや老化を引き起こします。

さらに、肌が硬くなり、せっかくの化粧水や乳液も肌に浸透しにくくなってしまうのです。

ターンオーバーを正常にし、美肌をつくる第一歩はまず「正しい洗顔」から!!
汚れをしっかり落として基礎化粧品がしみこみやすい肌作りをすることが、美肌への近道だと言えそうです

肌の新陳代謝「ターンオーバー」の仕組み

表皮の一番下の基底層で作られる新しい表皮細胞が、有棘層、顆粒層で分裂を繰り返しながら徐々に上へ押し上げられ、角質細胞となり角質層となります。その後、垢(あか)となり、はがれ落ちます。

この新しく表皮が生まれ変わるサイクルのことを肌の新陳代謝「ターンオーバー」といいます。通常は約28日周期で行われますが、年齢を重ねていくにつれて代謝活動は低下するため、サイクルは遅くなるといわれています。

皮膚の断面図

【皮脂膜】
皮膚バリアの働きをしている
【角質層】
基底層の細胞がターンオーバーにより表面に押し上げられ角質細胞となり、層になったもの。厚さは約0.02mm
【顆粒層(かりゅうそう)】
肌を紫外線から守る役割がある。角質層と顆粒層の2層をバリアゾーン(角化層)と言い、肌表面の保護をしている
【有棘層(ゆうきょくそう)】
基底層の上にあり、表皮の中で最も厚い層。栄養分を運ぶリンパ液が流れている部分
【基底層(きていそう)】
表皮の最下層にあり、常に新しい表皮細胞を形成している。ターンオーバーが始まる場所
【細胞間脂質(セラミド)】
角質層の細胞と皮膚の細胞の間に存在する脂質。水分を保持することで、みずみずしい肌を保つのに重要な役割を果たしている

【PR】ビタミンAのスキンケア:エンビロン化粧品はこちらへ エンビロン
ドクターズ系石鹸「ドクターケイ」からカクテルビタミン配合石鹸も登場